シャープ X1(CZ-800C)  3台目ホワイト 1982年 メンテナンス編 2日目

X1のホワイト仕様メンテナンス編2日目。前回はマザーボード洗浄、カセットデッキ部修理でBASIC起動まで辿り着きました。

DSC08509.JPG


今回はボロボロのキーボードケーブルの作成とスイッチ洗浄、本体のホワイトニングを行いました。

DSC08510.JPG

本体前面は黄ばみと傷が多い状態。傷はサンドペーパーで磨き。黄ばみは過酸化水素(オキシドール)に浸して改善します。 

DSC01928.JPG

処理前と処理後。

DSC01922.JPG
DSC01929.JPG

次にキーボードケーブル。 

DSC01971.JPG

詳細は以前の記事を参照してください。同様の方法です。 

DSC01972.JPG

本体を分解し、ケーブルを外して入替います。 

DSC01974.JPG
DSC01976.JPG
DSC01978.JPG

完成形です。2日ほど費やしてしまいました。 

DSC02009.JPG

黄ばみも取れていい感じで仕上がりました。 

DSC02011.JPG

本体中央部にあるG-RAMも不良のようで部品取り機から差し替えました。 

DSC02013.JPG

実際にゲーム(カセット版)をいくつか起動させてみました。  

DSC01945.JPG

空中浮遊都市ゼノン1983年頃(電波新聞社)  

DSC01947.JPG
DSC01949.JPG

実践 花札(コイコイ)1983年(電波新聞社) 

DSC01954.JPG

スーパーマリオスペシャル マリオブラザーススペシャル 1986年(ハドソン) 1986年 

DSC01955.JPG
DSC01956.JPG

舞臓魔 1985年 

DSC01958.JPG
DSC01961.JPG

有名なサンダーフォース 1983年(テクノソフト)ブレブレになってしまいました。 

DSC01970.JPG

大脱走 1985年(キャリーラボ)これも結構ハマりました。 

DSC02020.JPG
DSC02023.JPG

エキサイトバイク 1985年(ハドソン)ファミコン版の移植。面白かったです。 

DSC02025.JPG
DSC02028.JPG

マッピー 1986年(電波新聞社)アーケードの移植版 

DSC01933.JPG
DSC01934.JPG

ラリーX 1985年(電波新聞社)これもアーケードの移植版 

DSC01935.JPG
DSC01937.JPG

パックマン 1983年(電波新聞社)有名なゲームです。 

DSC01941.JPG
DSC01942.JPG

X1は当時パソコン機能とテレビを初めて融合させるというコンセプトの元に開発されたPCでした。本機の登場でテレビ画面とPC画面を重ね合わせる(スーパーインポーズ)が実現しました。実際にはこの機能に見合うアプリケーションの登場に時間を要しました。しかしこれ以降のPCAV化の先駆けになったマシンでした。 

DSC02017.JPG

【関連記事】
シャープ X1 CZ-800C ジャンク part2 キーボードケーブルの補修
シャープ X1 CZ-800C ジャンク修理 part1
Sharp X1_CZ-800C (Sharp) 1982年
Sharp X1_CZ-800C (Sharp) 1982年 ベルト交換編
X1C CZ-801 (Sharp) 1983年 ゲーム編
X1C CZ-801 (Sharp) 1983年 起動成功、まとめ編
X1C CZ-801 (Sharp) 1983年 とりあえず起動編 その1

コメント

  1. たっく! より:

    なんだかたどり付きました。懐かし~。
    私はマニアタイプのシルバーユーザーでした。
    現世に蘇らせるスキルをお持ちで羨ましいです。

    X1→X1turbo→X68000→MacintoshIIci

    X1 がいちばん遊んだ覚えがあります。
    Xanadu がテープで遊べる優越感(笑)
    turbo に行っても外付けのデータレコーダーで遊んでいました。

    初めてたどり着いたので、巡回させてもらいます。
    いい記事読ませていただき、ありがとうございました。