MZ-1500 専用データレコーダー(MZ-1T03)

Sharp(MZ,X1,X68000)

MZ-1500用の専用データーレコーダーを譲ってもらいました。

DSC00739.JPG


MZ-1500はQD専用と思っていましたがテープも使えるようです。それほど使用した形跡もなくいい状態でした。

DSC00738.JPG

本体は意外とスリムでした。カラーリングは若干違いますが取説を読むとMZ-5500用と記載されています。接続は1本の線(9ピン)で接続します。ネットを見ているとどうも1500本体内のジョイントコネクタを外さないと使えないようです。

DSC00740.JPG

内部を開けてみました。ゴムベルトもまだしっかりしてい、巻き戻し、再生等は大丈夫そうです。

DSC00742.JPGDSC00741.JPG

分解して内部を見てみましたが該当するものがなかなか見当たらず、MZ-1500専門サイトのAKD’S siteの管理人AKDさんにメールで相談したところ早いレスポンスでジョイントコネクタの場所を教えて頂きました。(この場を借りましてお礼申し上げます。MZ-1500に関して詳細な情報が沢山あります。)

DSC00796.JPG

ジョイントコネクタです。QD本体の真下にありました。

DSC00802.JPGDSC00799.JPG

接続してみました。MZ-1500カラーでありませんがかなりスリムです。

DSC05489.JPGDSC05487.JPG

使い方としては起動時のMONITER画面でCMTを選択し本機の再生ボタンを押すとIPLが読み始めます。

DSC05493.JPGDSC05491.JPGDSC05490.JPG

手元にあったMZ-700用のHu-BASICをロードしてみました。QDのような高速LOADとはいきませんが読めました。

DSC05497.JPGDSC05494.JPGDSC05495.JPG

ついて出にMZ-700用のゲームをいくつかLOADさせてみました。まずは定番(出来が良い)ゼビウスとギャラガ。

DSC05502.JPGDSC05501.JPGDSC05498.JPG

どちらもプレーできるものです。キャラクターベースでよくここまで再現したものです。

DSC05506.JPGDSC05503.JPG

次はだいぶ無理があるスペースハリアーとパックマン。

DSC05517.JPGDSC05516.JPGDSC05514.JPG

この2つは大分無理があります。ただMZ-700でスペースハリアーを再現しようとしたチャレンジは凄い。

DSC05523.JPGDSC05522.JPG

せっかく起動させたのでQDも手元に残っているゲームを久しぶりに起動させてみました。 ロードランナー

DSC00803.JPG

ステージに散らばる全ての金塊を集めるゲーム。当時いろいろなテクニックがあり奥の深いゲームでした。

DSC00806.JPGDSC00805.JPG

ギャラガ:有名な固定画面型のシューティングゲームの移植版。サウンドが6重和音でいい感じに作られています。

DSC00810.JPG

タイムシークレット:コマンド入力式アドベンチャーゲーム

DSC00816.JPGDSC00815.JPG

パックマン:これも有名なアーケード版の移植。よく出来ていると思います。

DSC00822.JPGDSC00819.JPG

マリオブラザーズスペシャル:マリオやルイージも参加できる。

DSC00827.JPGDSC00823.JPG

ウォルガード:有名な横スクロール型シューディングゲーム。変形型ロボット(飛行機)を操作し、巨大コンピュータ「ズイガム・ボルド」を破壊する。エネルギー量が影響する。かなりPCに移植されています。

DSC00830.JPGDSC00829.JPG

ドアドアMarkⅡ:敵ごとに追いかけてくるパターンが異なりキャラクターの動きが個性的でした。

DSC00833.JPGDSC00832.JPGDSC00831.JPG

デーモンクリスタルⅡ

DSC00837.JPGDSC00836.JPGDSC00835.JPG

野球狂:パワプロの元祖のようなゲーム。

DSC00839.JPGDSC00838.JPG

ジャン狂:ハドソンが作成した○○狂シリーズの麻雀版。

DSC00843.JPGDSC00841.JPG

ドルアーガの塔:これもアーケード版の移植。電波新聞社から発売されていました。

DSC00848.JPGDSC00845.JPG

HP王将:一人でできる詰め将棋。

DSC00851.JPGDSC00849.JPG

久しぶりにMZ-1500を動かし改めて本機のポテンシャルの高さを感じました。またQDはディスクもデバイスも経年劣化が今後の課題です。MZ-1T03を使ってテープ保存も今後はアリかもしれません。

DSC05509.JPG

関連記事:MZシリーズ

コメント