ThinkPad 701CS 2630-5SW (IBM) 1995年

ThinkPad701CS_2630-5SW (IBM) 1995年
バタフライキーボードという分割格納式を採用したB5サイズのThinkPad

DSC00021.JPG


液晶パネルを開くと、連動して中央で2つに分割されて格納されているキーボードが鳥の羽のように広がる仕組みであり、蝶の羽のように見えるために「バタフライ」と呼ばれました。正式名は「TrackWrite」

DSC00003.JPG

通常はB5サイズのスタイルを維持しています。

DSC09966.JPG

正面からです。2つのクリップを押しながら液晶を開きます。

DSC09972.JPG

右側はバッテリー、脱着式HDD、PCカードスロットです。

DSC09974.JPG

側面はシンプルで赤外線(IRDA)とポートアプリケーター用の端子のみ。

DSC09976.JPG

左側は電源、電源スイッチ。パラレル端子、オーディオ端子です。この電源スイッチがくせ者で液晶を開くとキーボードが開くので電源スイッチが隠れてしまうのと、スイッチ自体の構造に問題がなるのか、電源を入れるのにコツがいります。

DSC09977.JPGDSC09978.JPG

パラレル端子はこんな感じです。FDDはこれに接続します。

DSC09979.JPG

それでは、液晶を開いてみます。

DSC09980.JPGDSC09982.JPG

開きはじめると内部の格納されていたキーボードがこのように開いていきます。

DSC09984.JPGDSC09991.JPG

この仕組みは当時では革新的な技術として注目されました。

DSC09993.JPG

キーボード自体もしっかりとした作りで、マウス代わりのトラックポイントも含め非常に使いやすいです。

DSC00039.JPGDSC00002.JPG

本機は701C のコストダウン版で液晶がTFTからDSTNへと変更されました。TFTと比べるとコントラストや視認性は良くありませんが当時701Cが75万だったことを考えるとコストパフォーマンスは高いです。

DSC00027.JPG

OSはWindows3.1からWindows95にバージョンアップされています。
スペック的には486DX4なのでWindows98まではアップグレードできますがいまさらあまり意味がありません。

DSC00033.JPG

本体スペックは
CPU Intel DX4-75MHz
RAM 8MB Max 40MB (72p/SO-DIMM/3.3V) 現状12MB
HDD 540MB (E-IDE)
CD-ROM 無し
LCD 10.4″ DSTN-VGA
VGA CT65545 (V-RAM : 1MB)
MODEM 内蔵 14.4k

DSC00006.JPG

電源を入れるとWindows95が未だにしっかりと起動します。

DSC00023.JPGDSC00029.JPG

FDDはパラレルインターフェイスで接続する今となってはめずらしい接続です。

DSC00051.JPG

発売当時はなかなか高価でなかなか手がでなかった機種ですが、バラフライキーボードの構造は私のなかにずっと気になる存在でした。なかなか状態の良い機体が手に入ってこの構造(収納動作)のすばらしさを改めて感じました。(バタフライ構造のため変わったヒンジです。)

DSC00013.JPG

本機は、発売された当時はB5サイズでフルタッチができるなど斬新かつ機能的なマシンであり他のNotePCとは一線を画すものでした。但し価格が高価だったこととCPUスペックが非力(Intel DX4/75MHz)だったことから商業面ではイマイチでした。

DSC00040.JPG

このようなコンセプトのマシンを当時作れたIBMは私はすばらしいと思います。残念ながらその後の後継機種が続かなかったのが残念です。

DSC00008.JPG

コメント